名古屋ペインクリニック|免疫療法
名古屋麻酔科クリニック・免疫療法について
ご自身のがん組織を用いたオーダーメイドのがんワクチン
"自家がんワクチン"は、"自己がんワクチン"とも呼ばれます。手術後のがんの再発・転移の予防、残存がんの治療を目的とした、科学的根拠に基づいたがん免疫療法です。
従来のがん治療は外科手術、放射線療法、抗がん剤でした。そこに最近では第4の治療法として免疫療法が脚光を浴びています。免疫療法とは、元々ある免疫力を利用して、強化することによりがん組織を攻撃しようというものです。
免疫療法のしくみ図
「自家がんワクチン」作製の原料として使われるのは、手術で取り出し病理診断用にホルマリン漬けにされたがん組織です。
「自家がんワクチン」を投与すると、体内で免疫細胞が活性化され、がん細胞を活発に攻撃します。がんの手術で取り残した小さながん細胞など、目には見えないがん細胞を免疫細胞が攻撃することにより、がん再発や転移の予防、手術で取り残されたがん組織などに対する治療を行います。
「自家がんワクチン」の原理
体にある細胞は日々がん細胞を生み出しています。健康な人でも多数(学説によっては日に5000個も)できます。がん細胞ができると、そのつど退治しているのが免疫細胞です。免疫細胞は、ある細胞を見つけると、まず自分の細胞かどうかを見極めます。そして自分の細胞でないと判断すると、殺します。

 何かの原因により正常細胞ががん細胞化したとき、それを殺して排除する機能が本来あり、それががん細胞に対する免疫システムです。しかし、がん細胞は正常細胞と性質が似通っているため、通常、免疫システムによりがん細胞をすぐに殺せるほどには活性化されていません。


無毒化したがん抗原を用いて、免疫細胞にこのマーキングを覚え込ませて、がん細胞だけを選択して攻撃するように加工します。

がん抗原にはたくさんの種類があって、同じがんであっても、各自その発現の仕方が異なります。
また、一つのがん組織の中でさえも異なります。ただ、ご自身のがん組織を用いれば、発現しているがん抗原はすべて含まれることになります。

放射線治療、抗がん剤と「自家がんワクチン」の併用

がんの手術後に、放射線治療や抗がん剤療法がよく行われます。その際に、体の免疫系全体を壊さないピンポイントの放射線治療や、内臓にもほとんど傷害を与えない36Gyまでの低線量の放射線、リンパ球への副作用が少ない(弱い)抗がん剤治療であれば、自家がんワクチンと同時に、あるいは間隔を開けることにより、併用も可能です。最近では、これらの3つの治療法を併用したトリオ療法がとくに効果的と考えられています。
放射線治療、抗がん剤と「自家がんワクチン」の併用
強い抗がん剤療法では、がんの大きさがどれだけ小さくなるかを測定しつつ、また腫瘍マーカー等の血液検査値を参照しつつ、抗がん剤の使用量を調節しながら使用していきます。ただ、抗がん剤は一般的に強い副作用を伴うことがあり、繰り返し投与しているうちに毒性が蓄積し、いずれ継続不能となることもあり、その場合中止するとがん組織は急速に回復してしまい、増殖することにもつながります。
それに対し、がん免疫療法は副作用がほとんどないのが特徴とされ、ただ、効果もゆるやかなものと言えます。がんの大きさは小さくできなくても、増殖の速度を抑えることができるため、結局は長生きできることを、Madanは概念図で示しています。さらにここに副作用の少ない(弱い)抗がん剤や放射線治療を併用すれば、もっと長生きさせることができるはずです(上図、The Oncologist, 2010;15(9):969-75 に掲載されたMadanの概念図に「弱い抗がん剤/放射線+がん免疫療法」の線を追加)。自家がんワクチン療法も、がんを小さくできる場合もありますが、主には上記の効果を期待することになります。

放射線・抗がん剤・ペプチドワクチン等との併用については
名古屋ペインクリニック|高濃度ビタミンC点滴療法
名古屋麻酔科クリニック・高濃度ビタミンC点滴療法
           
高濃度ビタミンC点滴療法
 

 

ページの先頭へ