メニュー

がんに伴う痛み

主な治療方法

麻薬を中心とした内服薬必要に応じて神経ブロックカウンセリング

がんに伴う痛みには、さまざまな薬が用いられます。状態に合わせて、副作用を考慮しながら、アレンジして行くことになります。必要があれば神経ブロックを実施することもありますが、侵襲度、副作用の点から基本的には内服や外用薬および点滴などで対応することになります。逆に言うと、神経ブロックを必要としないほど、ほとんどが内服等でコントロールが付くということになります。内服等で対応が難しいときは、スピリチュアルペインやソーシャルペインを考慮し、その対応を考えた方が良いとも思います。

がんと聞くと痛みで苦しむというイメージのある方もいますが、基本的にコントロールできて痛みで苦しむことはないと考えています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME