メニュー

当院の特徴

当ペインクリニックでは、症状や身体所見などから痛みの原因を追究し、薬物療法だけでなく神経ブロックを始めとする各種の治療法を用いて痛みを軽減・消失させ生活の質を向上させます。
また、慢性痛、神経の障害やがんによる治療困難な痛みでは、医師、看護師、臨床心理士など痛み診療に関わる多くのスタッフと連携して最適な治療へと導いていきます。

慢性痛

日本人の大半(80%以上とされます)は何らかの慢性の痛みを抱えて生活しています。頭痛、首肩こり、五十肩、背部痛、腰痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、帯状疱疹後神経痛、脳血管障害後の痛み、ストレスに関連する痛みなその原因とど数多くあり、病態は様々です。急性痛と異なり、からだの異変を知らせる警告としての意義、役割はありません。また、痛みが継続、増悪する要因として、ストレスや不安緊張、抑うつなど精神的なものが大きく関与しています。

理念

ただ長生きするためだけの医療よりも、その今をその人生をより良く喜びをもって過ごせるようにしたいと考え、世の中から痛み、苦しみを減らしたいとの思いからペインクリニックを行なっております。
痛み自体を取り去ることも当然に重要ですが、それよりもその患者さんを全人的に向上、幸福をもたらすことに重点を置いて診療しています。
ペインクリニックでは身体の痛みを通常対象としますが、それに留まらず、心の痛み、苦しみなども対象として日々診療に当たっています。

診療内容

一般的な内科系疾患

風邪、扁桃腺炎、発熱、疲れ・疲労、だるい、体重減少、立ちくらみ、食欲不振・減退、花粉症、蕁麻疹など

精神科・心療内科

うつ病、躁うつ病、統合失調症、不安障害、パニック障害、強迫性障害、身体化障害、適応障害、物忘れや認知症による困りごと、睡眠障害(不眠症など)、知的障害、心理・発達の障害(自閉症、学習障害など)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、不登校、会社や出産前後のメンタルヘルスに関するご相談、からだの病気によって起こる精神面での不調、脳梗塞や脳出血の後におこるメンタル面での困りごと、癌に伴うメンタル面での不調、緩和ケアにおける精神的な症状など

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME