メニュー

更年期障害としての痛み、諸症状

主な治療方法

プラセンタ注射、漢方内服、トリガーポイント注射

女性の45~55歳頃は女性ホルモンが低下する時期で、それに伴いさまざまな自律神経症状が出やすくなります。その中には頭痛、肩こり、腰痛といった痛み症状もあります。

更年期に伴う痛み症状に対しては、更年期に対しての治療をまず行い、それでも痛み症状が残るようであれば神経ブロック等で対処していきます。

更年期に対する漢方薬、プラセンタ注射、ホルモン補充療法などがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME