メニュー

うつ病のケタミン

うつ病のケタミン:どんな感じなのか、どんな人に効くのか

知っておきたいこと

 ワシントンポスト(2022.9.12):レイチェル・ジマーマン
「うつ病のケタミン:どんな感じで、誰に役立つのか」を参考、抜粋しています。 

1.ケタミン療法が最も有効なのはどのような人ですか?

ケタミン治療は、一般に、他の薬を試してもほとんど効果がない、あるいは全く効果がない、重篤なメンタル疾患に苦しむ人々のためのものです。
治療抵抗性うつ病や急性自殺傾向のある患者を対象に、最も広く研究されています。
また、PTSD、強迫性障害、双極性障害、不安障害、摂食障害などの症状のある患者さんにも効果が期待されます。
統合失調症などの現実検討ができない等の症状を持つ人々は、一般的に治療用ケタミンの適応とはならない。

最近、バージニア州の3つのクリニックのケタミン使用者を対象にした研究がJournal of Clinical Psychiatryに発表され、うつ病の症状が大幅に軽減されたことが明らかになりました。
バージニア州にあるマインドピースの3つのケタミンクリニックで400人以上の患者を評価したところ、10回の注入後に72%の患者の気分に改善が見られ、38%が無症状となった。
この研究は、ケタミン・クリニックが自ら選んだ患者群に対して行ったものなので、評価には限界もあります。

ケタミンは1970年に麻酔薬として承認されましたが、精神科の症状に対処するために使用することは "適応外 "とされています。
つまり、医師が処方するのは合法だが、その特定の適応症についてはFDAから承認されていないのだ。

例外は、2019年にFDAが承認した点鼻薬のエスケタミンで、治療抵抗性うつ病と急性自殺念慮のためにスプラバトとして販売されています。

うつ病に対するここ数年で最大の前進として、FDAは最も困難なケースに対する新規治療法を承認した。

イェール大学医学部の精神医学教授であるGerard Sanacora氏は、ケタミンは一部の患者にとって「命を救う」ことができるが、それが役立つ可能性のある障害の範囲、最適な投与方法、最適な投与量、長期安全性について多くの疑問が残ると述べている。
「ケタミンは万人にとっての奇跡の治療法ではありません」と彼は言う。

2.ケタミン療法が有効であるという根拠は何ですか?

ケタミンは即効性のある抗うつ薬として作用し、多くの患者さんの症状を数時間から数日で緩和することが、数多くの研究で示されています。 長期的なデータはありませんが、初期の小規模な研究では、ケタミン療法により、約50~70%の患者さんでうつ病の症状が有意かつ速やかに軽減されたことが確認されています。
従来の抗うつ剤は効果が出るまで4~6週間かかり、患者さんによっては全く効かないこともあります。

従来の抗うつ剤は、気分や感情に関連する特定の脳内化学物質のレベルに影響を与えることができますが、ケタミンはグルタミン酸と呼ばれる別の神経伝達物質に影響を及ぼします。
ケタミンは、脳内の生化学的、構造的、機能的な変化のカスケードを引き起こすことができる。
ケタミンは、本質的に、脳をより柔軟にして、治療や別の考え方を受け入れるようにすることで作用すると考えられている。

3.ケタミン療法では何が行われるのですか?

ケタミン療法は、多くの場合、約40分の静脈内注入で行われます。(当院では基本30分前後です。)
投与量は、鎮静のために使用される場合よりも少なくなっています。

臨床の場では、ケタミン患者は通常、快適な椅子に座り、音楽を聴きながら治療が行われる。(当院ではベッド上に仰臥位となります。音楽に関しては検討中です。)
ケタミンの治療回数は様々ですが、多くの施設では、2~3週間にわたって6回の治療を行うことを最初のコースとして提案しています。 薬物効果が終わった後に行われることの多い会話療法も、治療の一環になりえます。(これも当院検討中です。)

4.ケタミン療法はどのような感じですか?

自分が体の外に浮いているように感じたり、心地よく自分の身体を置き去りにすることができると、点滴を受けた患者さんは言います。 人によっては、感覚が鋭くなり、色が鮮やかに見えることもあります。 (当院では、聴覚が研ぎ澄まされ通常聞けない音が聞こえるとか、宇宙に放り込まれるなどと表現されることを聞きます。)

マサチューセッツ州ベルモントのマクリーン病院でケタミン療法を受けたマクギルさんは、「小さなものが浮遊しているような感じ」と語った。 "本当に平和で穏やかで、静謐で美しいのです。"

他の患者は、制御不能なほど泣き出したり、不安になったりするかもしれません。 一般的な副作用としては、吐き気、眠気、めまい、協調性の低下、解離感や非現実感などがあります。 また、血圧が上昇することもあるため、治療中のモニタリングが重要です。

ケタミンは、患者に苦痛を与える思考パターンから精神的に解放されるような時間を提供するようだと、専門家は述べている。 精神科医でCambridge BioTherapies社の創設者であるDaniel Brenner氏によれば、ケタミン治療中や治療後にネガティブな思考が静まり始めると、多くの患者は心理療法がより生産的になり、行動パターンの再構築が容易になるとのことである。 "感情がより利用しやすくなる "とブレナー氏は言う。 "単なる抗うつ剤ではなく、恥や自己嫌悪、自分を傷つけたいという欲求を生じさせる、脳内の反報酬回路をシャットダウンする薬でもあるのです。"

新しい抗うつ薬であるケタミンは、何十年にもわたって人々の心を揺さぶってきました。

マサチューセッツ州モルデンに住む32歳の獣医師、アリエル・ウルフは、ブレナーに治療を求め、6月からケタミンの静脈内注入を始めた。
6回の治療の後、20年間うつ病と不安に悩まされていたウルフは、料理、ハイキング、読書、仕事仲間とのおしゃべりを再開しました。
"私は最高の気分でした、私の人生の中でこれまでよりも良い。
「このように、私はいつもなりたいと思っていたのに、精神的に病んでいたためになれなかったのです。」

5.ケタミンは安全ですか?

管理された条件下で、慎重に患者をスクリーニングして使用する場合、ほとんどの医師は、治療用ケタミンは一般的に安全であると考えているが、すべての薬物にはいくつかのリスクがあるという注意書きがある。
彼らは、ケタミンは依然として麻薬取締局によって規制されている規制薬物であり、乱用の可能性があるため厳格な安全管理の対象であることに留意している。
また、薬物や症状によっては、ケタミン療法を行うことが危険な患者もいるため、治療に入る前に精神的な健康状態や病歴を十分に確認することが重要であると医師は述べている。

米国ケタミン医師・心理療法士・実務者協会は、"治療後一日は運転、仕事、小さな子供の世話、ストレスのかかる作業をしないこと "を勧めています。

気分障害の国際的な専門家グループは昨年、治療抵抗性うつ病の管理に対するエスケタミン・ケタミンの静脈内投与に関する現在のエビデンスを統合した論文を米国精神医学ジャーナルに発表しました。
彼らは、これらの薬剤は患者に「機会と希望」を提供するが、「これらの薬剤の長期的な有効性と、安全性に関する未解決の問題を明確にする緊急の必要性がある」と指摘している。

6.ケタミンが効くなら、なぜうつ病患者全員がそれを使わないのですか?

ケタミンは、いくつかのメンタルヘルス治療薬として、多くの医師の間で信頼を得ています。
しかし、ケタミンは広く入手可能な後発医薬品であり、製薬会社が大規模で質の高い試験に資金を提供するインセンティブはない。
ケタミンはパーティー・ドラッグという評判があること、規制薬物であること、長期データがないことなどから、医師や患者の中には警戒している方々もいます。

7.ケタミン療法はいくらかかりますか?

Houston Ketamine Therapeuticsの医療ディレクターで、ケタミン医師の学会であるASKP3の会長であるSandhya Prashad氏は、平均して、ケタミン1回の注入には約450ドルから500ドルの費用がかかると述べています。
(当院では、1回5万5千円(消費税込み)となります。)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME